病院活動状況

こわれたおもちゃを直したい 家庭でできるおもちゃ診断 おもちゃドクターになりたい

病院活動状況

共同通信社の取材を受けました。

投稿時間:2020年05月27日 14:25

名古屋市東区で、個人で活動しております、「おもちゃの病院くるまみち」の加藤です。

緊急事態宣言の中、おもちゃの修理は子供たちや親御さんにとって「必要至急」と感じ、必要な対策を講じながら活動を続けてまいりました。
おかげさまで4月は17件、5月は今日現在で22件という、多くのご依頼を頂き、お役に立てて何よりなのですが、このことに共同通信社の記者さんが関心を寄せていただき、先日24日に1時間ほど取材を受けました。

記事は共同通信社から、全国、一部海外もあるそうですが、30社ほどの新聞社などに配信され、今日27日の夕刊以降、各社の判断で記事として掲載されるそうです。10社程度は掲載するのではないかと言っておられました。

おもちゃ病院の活動をこのような形で伝えていただくことができ、たいへんありがたく思います。

お手元の新聞などで掲載がありましたら、ご参照いただければと思います。

ご報告まで。


コメントの投稿

コメントの投稿には会員ログインが必要です。 会員ログインはこちら>>

コメント一覧(新しい投稿順)

※現在、コメントはありません。

<<前のページへ戻る

ページの先頭へ