病院活動状況

こわれたおもちゃを直したい 家庭でできるおもちゃ診断 おもちゃドクターになりたい

病院活動状況

狛江おもちゃ病院の再開にあたって

投稿時間:2020年06月19日 17:24

狛江おもちゃ病院は、新型コロナの影響で3月から休みでした。
再開の許可が出ましたので、6月18日に開院できたことを報告します。

以前は10時~15時の開院でしたが、9時半~11時に、さらに参加ドクター4人、
受付担当1人と従来の1/3の体制で行いました。
お知らせは、狛江おもちゃ病院のホームページのみでしたが
たくさんのおもちゃの来院があり、びっくりしました。
ほとんどおもちゃは、入院となり自宅に持ち帰っての治療となります。

終わった後の反省から、今後も同様な体制での開院となるので、
当日は、受付業務のみとし、参加人数も3人で行うことにしました。

以上報告します。

以下は、開院にするにあたって考えた感染症対策です。
我々独自の考えなので、適切でないものもあると思いますがご容赦ください。

1.ドクターの体調管理
   朝、体温を測定し、熱がある場合は休みます
2.受付・対面での感染対策
 ①故障個所の聞き取り
   お客さん   マスクの着用をお願いします
          入り口で除菌ジェルで手を消毒します
          建物ロビーで受付を行いましたので、待つ場合は、玄関の外で
         待ってもらっています
          お客さんは一人のみとし、同伴のお子様は外で待ってもらいます
   受付担当とドクター(二人で行っています)
          マスクを着用します
          フェイスシールドを着用します
          ゴム(ビニール)手袋の着用します
 ②カルテの記入  鉛筆はたくさん用意し、1回1回取り換へ、その後消毒します
3.院内感染対策
   ドクターは、マスク着用します
   机に一人あるいは机にはすかいに2人で座ってドクター間の距離をとります
   定期的に窓を開けて喚起します
   定期的に手洗い・うがいをします
   終了後、机椅子ドアノブなどを除菌シートで拭きます


コメントの投稿

コメントの投稿には会員ログインが必要です。 会員ログインはこちら>>

コメント一覧(新しい投稿順)

※現在、コメントはありません。

<<前のページへ戻る

ページの先頭へ