病院活動状況

こわれたおもちゃを直したい 家庭でできるおもちゃ診断 おもちゃドクターになりたい

病院活動状況

現状のご報告と、活動継続に関するご提案

投稿時間:2020年04月11日 13:39

私は現在、団体の「春日井おもちゃクリニック」の代表、個人として「おもちゃの病院くるまみち」の運営をさせていただいております。

各地でイベント中止や施設の利用制限などにより、おもちゃ病院が開催できない状況が続いているのではないかと思います。私が代表として活動させていただいている愛知県春日井市も、3月から開催できておりません。

そんな中、私個人で、完全予約制で運営しております「おもちゃの病院くるまみち」は、現状況下でも開院しており、すでに多くの方のご利用をいただいております。

そして、愛知県にも緊急事態宣言が出されておりますが、今後も活動を継続する予定でおります。

おもちゃの修理への外出が不要不急なのかは判断つきませんが、休校休園で自宅待機を余儀なくされている子供たち、また親御さんにとっては、壊れてしまったおもちゃの修理は「必要至急」なのかも、とも思っております。

団体が公共施設を利用した形で開催するおもちゃ病院は、まだ当分の間開催できないと思います。

しかし、状況が許し、それぞれの理解が及び、無理無謀のない範囲ではありますが、個人など小規模で、事前予約などで多人数による3密を避け、出来うる感染防止対策をするなど、この状況下でも工夫をすることによって、開院し、おもちゃ修理へ寄与できる方法は、あるのではないかと考えております。

以下、この件に関して、当院のサイトに告知などをしております。ご参考にしていただければ幸いです。

当院のサイトトップ http://cubeit.jp/toyhospital/
診療記録 http://cubeit.jp/toyhospital/result/
活動継続の告知 http://cubeit.jp/toyhospital/今後の活動継続について/
ドクターの皆様へのご提案 http://cubeit.jp/toyhospital/おもちゃドクターの皆様へ/

以上、現状のご報告と、活動継続に関するご提案をさせていただきます。


コメントの投稿

コメントの投稿には会員ログインが必要です。 会員ログインはこちら>>

コメント一覧(新しい投稿順)

※現在、コメントはありません。

<<前のページへ戻る

ページの先頭へ